保険始期日が平成29年1月1日以降のご契約についてのご説明です。

オプション特約

「その他」の思わぬ出費の補償

頼れるサービスについて動画で確認する

近隣の建物の損害の補償や、賠償損害への補償など、日常生活を取り巻くリスクへの備えとして、さまざまなオプション特約をご用意しています。お客さまのリスクの状況やニーズに応じてご選択ください。
なお、オプション特約のご選択には、特約保険料の払い込みが必要です。

どなたにもおススメのオプション特約

類焼損害・見舞費用特約    近隣へ延焼した場合の備えに

開く

類焼損害

自宅の火災、破裂・爆発事故により、近隣の建物や収容動産に発生した損害を、最大1億円まで補償します。

損害の発生した近隣の建物や収容動産に保険金を支払うべき他の保険契約などがある場合は、近隣の類焼補償対象物(居住用の建物・収容家財、事業用の建物・収容動産)の損害の額から、他の保険契約などで支払われる保険金を差し引いて、保険金をお支払いします。

お支払いする保険金は保険期間を通じて支払限度額(1億円)が限度です。保険期間が1年を超えるご契約の場合、支払限度額(1億円)は1保険年度ごとに適用されます。

保険の対象の所在地が異なる別々の物件には、この特約をそれぞれセットする必要があります。

失火見舞費用

自宅の火災、破裂・爆発事故により、近隣の建物や収容動産に損害が発生したために支出した見舞金などの費用を補償します。

1被災世帯あたり30万円を限度に、支出した見舞費用を補償します。ただし、1回の事故につき、全被災世帯合計で契約建物(家財)に対して支払われた損害保険金の30%が限度です。

個人賠償特約    日常生活における賠償事故の備えに

開く

日本国内、または国外において住宅(別荘などを含む)の所有、使用、または管理における偶然な事故、もしくは日常生活における偶然な事故により、他人を死傷させたり、他人のものを損壊させ法律上の損害賠償責任を負った場合の損害を、1回の事故につき最大1億円まで補償します。

被保険者が個人の場合、示談代行サービスをご利用いただけます。ただし、日本国外で発生した事故は示談交渉を行いません。

個人賠償(電車等運行不能賠償追加型)特約    日常生活における賠償事故の備えに

開く

上記「個人賠償特約」の補償に加え、日本国内において被保険者が電車など※の運行不能について、法律上の損害賠償責任を負った場合の損害を、1回の事故につき最大1億円まで補償します。

  • (注)保険の対象に家財を含む「ワイドプラン」で、「携行品損害特約」、および「受託物賠償特約(特約保険金額100万円)」をセットしている場合にセットできます。
  • 汽車、電車、気動車、モノレール、ケーブルカー、ロープウェー、いす付きリフト、ガイドウェイバスをいいます(ジェットコースターなど遊園地などで使用されるものは除きます)。

被保険者が個人の場合、示談代行サービスをご利用いただけます。ただし、日本国外で発生した事故は示談交渉を行いません。

受託物賠償特約    日常生活における賠償事故の備えに

開く

他人から預かったものやレンタル品などの受託物を、日本国内、または国外において損壊、紛失、または盗難にあったことにより法律上の損害賠償責任を負った場合の損害を補償します。

特約保険金額は、「30万円」「100万円」のいずれかからご選択ください。免責金額は5,000円です。
なお、明細付契約の場合は、「100万円」を選択できません。

お支払いする保険金は、保険期間を通じて特約保険金額が限度です。
ただし、保険期間が1年を超えるご契約の場合、特約保険金額は1保険年度ごとに適用されます。

受託物が、記名被保険者の居住の用に供される建物敷地内に保管されている間、または記名被保険者の日常生活の必要に応じて一時的に建物敷地内の外で管理されている間の事故に限ります。

受託物とは、被保険者が管理する他人の財物で、被保険者が日本国内において日常生活上の必要に応じて他人から受託した財物をいいます。

被保険者が個人の場合、示談代行サービスをご利用いただけます。

ポイント
ワイドプランに、「携行品損害特約」、および「受託物賠償特約(特約保険金額100万円)」をセットすると、「家具移動・電球交換サービス」をご提供します。詳細は、「家具移動・電球交換サービス」(当ページの下部に記載)をご確認ください。

弁護士費用等特約    他人から被害を受けた場合の備えに

開く

弁護士費用など 被害事故の結果、ケガをしたり、自宅や家財が損害を受け、損害賠償請求を弁護士に委任した場合の費用などを、1回の事故につき、被保険者1名ごとに最大300万円まで補償します。
法律相談費用 被害事故の結果、ケガをしたり、自宅や家財が損害を受けた場合の法律相談費用を、1回の事故につき、被保険者1名ごとに最大5万円まで補償します。

家財をご契約のお客さま向けのオプション特約

携行品損害特約

開く

自宅敷地外で携行する身の回り品に発生した不測、かつ突発的な事故による損害を補償します。

保険の対象に家財を含む場合にセットできます。

特約保険金額は、「10万円」「20万円」「30万円」「50万円」のいずれかからご選択ください。1回の事故につき、特約保険金額が限度です。免責金額は3,000円です。

ポイント
ワイドプランに、「携行品損害特約」、および「受託物賠償特約(特約保険金額100万円)」をセットすると、「家具移動・電球交換サービス」をご提供します。詳細は、「家具移動・電球交換サービス」(当ページの下部に記載)をご確認ください。

分譲マンションオーナーのお客さま向けオプション特約

バルコニー等修繕費用特約

開く

記名被保険者がもっぱら使用、または管理するバルコニー、玄関ドアなど分譲マンションの共用部分に発生した偶然な事故による損害について、管理組合規約に基づき記名被保険者が負担する修繕費用を、1回の事故につき最大30万円まで補償します。

賃貸住宅入居者のお客さま向けオプション特約

借家賠償・修理費用特約

開く

借家賠償 偶然な事故により、借用住宅に損害を与えたことによる貸主に対する法律上の損害賠償責任を、1回の事故につき、特約保険金額を限度に補償します。
修理費用 借用住宅に偶然な事故が発生し、貸主との賃貸借契約に基づき、または緊急的に、被保険者が自己の費用で修理した場合の修理費用を、1回の事故につき最大300万円まで補償します(免責金額3,000円)。

被保険者が個人の場合、示談代行サービスをご利用いただけます。

賃貸住宅オーナーのお客さま向けオプション特約

家賃収入特約

開く

賃貸住宅に火災などの事故が発生し、損害を受けた結果発生する家賃の損失を、ご契約時に定めた期間を限度に補償します。
家賃収入特約の保険金額=家賃月額×約定復旧期間の月数

家主費用特約

開く

「ワイドプラン」で、「家賃収入特約」をセットしている場合にセットできます。

賃貸住宅内で自殺、犯罪死、孤独死(賃貸住宅に物的損害が発生した場合に限ります)が発生した場合に、家賃の損失、修復、清掃、脱臭費用などの原状復旧のための費用、遺品整理費用などを補償する特約です。

賃貸建物所有者賠償(示談代行なし)特約

開く

保険の対象の建物の所有、使用、管理や、賃貸・管理業務を原因とする偶然な事故(エレベーターの事故など)により他人を死傷させるなどの法律上の損害賠償責任を、1回の事故につき特約保険金額を限度に補償します。
特約保険金額は、「1,000万円」「3,000万円」「5,000万円」「1億円」のいずれかからご選択ください。

マンション居住者包括賠償特約

開く

居住用戸室での漏水などの賠償事故、または日常生活における賠償事故による損害を、1回の事故につき最大1億円まで補償します。
共同住宅の居住者などを無記名で包括的に補償する特約です。

事業用戸室は、漏水などの水ぬれ事故における賠償事故による損害のみを補償します。

被保険者が個人の場合、示談代行サービスをご利用いただけます。ただし、日本国外で発生した事故は示談交渉を行いません。

家具移動・電球交換サービス

保険の対象に家財を含む「ワイドプラン」に、「携行品損害特約」、および「受託物賠償特約(特約保険金額100万円)」をセットした場合にご利用いただけます。

「作業員2名以内で行う家具1個までの移動」、または「30分以内で行う電球・蛍光灯の交換」のいずれかを、保険期間中に1回(保険期間が1年を超えるご契約の場合は1保険年度ごとに1回)まで無料で行います。

サービス内容の詳細、およびご利用方法は、ご契約後に保険証券とともにお送りする「サービスガイド」でご確認ください。
なお、Web約款を選択された場合は、当ホームページからマイページにログインし、ご確認ください。

複数のご契約があるお客さまへ

被保険者、またはそのご家族が契約されている他の保険契約など(異なる保険種類の特約や当社以外の保険契約または共済契約を含みます)により、すでに被保険者について同種の補償がある場合、補償が重複し、保険料が無駄になることがあります。
なお、補償が重複すると、特約の対象の事故は、どちらのご契約でも補償されますが、いずれか一方のご契約から保険金が支払われないことがあります。補償内容の差異や保険金額などを確認し、特約の要否をご判断いただき、ご契約ください。

複数あるご契約のうち、これらの補償が1つのご契約のみにセットされている場合、転居などによりご契約を解約したときや、家族状況の変化(同居から別居への変更など)により被保険者が補償の対象外になったときなど、補償がなくなることがあります。ご注意ください。

補償が重複する可能性のある主な特約
 個人賠償特約、類焼損害・見舞費用特約  など

  • このページは「タフ・住まいの保険」の概要を説明したものです。ご契約にあたっては、必ず「タフ・住まいの保険パンフレット」、および「重要事項のご説明 契約概要のご説明・注意喚起情報のご説明」を併せてご覧ください。
    また、詳細は「ご契約のしおり(普通保険約款・特約)」をご用意しています。当ホームページでご確認いただくか、もしくは代理店・扱者/仲立人、または当社までご請求ください。
    ご不明な点は、代理店・扱者/仲立人、または当社にお問合わせください。
  • 「タフ・住まいの保険」は、「家庭総合保険」のペットネームです。

2016年11月承認 承認番号:GB16B010871